GUNS N' ROSES

ロンドンの地下鉄構内ではバスキングといって、許可を得て音楽を演奏している人がいます。
ジャンルは様々。楽器も様々。

今日はギターを弾いている人がいました。
演奏していたのは『Knocking' on Heaven's Door』
音楽ってそれを聞いていた時のことを思い出しますよね。
私がこの曲を知ったのは中学3年か高校1年生のとき。
バンドを組んでいた男の子に夢中になっていたなぁ、なんて淡い恋心を思い出し
きゅーんとしてしまいました。(笑)

この曲はガンズのものかと思っていましたがボブ・ディランのカバーらしいですね。
で、ガンズといえば、ものすごく衝撃を受けた曲があったことを思い出し
夕食後CDをひっぱり出してしまいました。
『Used to Love Her』
彼女のことが好きだったんだ、でも殺すしかなかったんだ、そして裏庭に埋めちゃったんだ♪
と陽気なメロディーに沿った歌詞が少女の私にはビックリで。

今聞くと、あー、屈折した愛情なのね、すごーく彼女のことが好きだったのねと
わからなくもない歌詞だけど。
なんだろう?愛情の表現、深さというか割合って人それぞれよねー・・・と
とりとめもなく思う秋の夜長かな。(笑)
[PR]
by beau_epi | 2007-10-13 07:17 | 日常
<< フラット見学 文章を作る。 >>