カテゴリ:日常( 64 )

恋人たち

バスに乗ってボヤー・・・といつも通り窓の外をみていたときのこと。

とある20歳半ばと思われるカップルがハグ&キスを繰り返していた訳です。
そんな景色は日常茶飯事で慣れっこなのですが、そのカップルからは何故か目が離せず。
バスが信号待ちで動かなかったのをいいことに、じーっと見入ってしまいました。
窓ガラス、私の鼻のアタマの脂がついてたんじゃないかな。(すいません)

なんだろう?
美男美女という訳じゃなかったんだけど、映画のワンシーンのようにステキでした。
彼女のニット帽、彼のマルチカラーのボーダーのマフラー、カジュアルな雰囲気と
二人には日常的であろうハグ&キスが厭味なく赤レンガの建物の背景にマッチしてて。
うーん・・・、こなれてた。
何も意識しない習慣的なことだから不自然じゃなかったんだろうなー。
そういう習慣のない日本人とかだったら浮くような気がするもの。

まぁ、だからどうという訳ではないのですが(笑)、思わずその“こなれ感”に
感心してしまったのでした。
[PR]
by beau_epi | 2007-10-24 02:44 | 日常

フラット見学

17日(土)の飛行機を予約しました。
(ダンナの後任くんのビザはまだ取れていないらしいけど)
引越しは15日になりそうです。

早速、馴染みの日系不動産屋さんがお客さんを連れてフラットの見学にやってきました。
「明日、行ってもいいでしょうか」という連絡をもらってからが大変!

普段、お友達が来る分には一部屋に散らかったゴゾウモツを移動させ、「開かずの間」を
作ればいいけど(笑)、見学となったら全部屋見るのよね?クローゼットの中も?
という訳で午前中は片付けに明け暮れることに・・・。

見学にいらした方はもちろん日本人の奥様。
私より10歳は上かなぁ。
すると、やっぱり視点が違うんですね。
私が部屋探しをしていた時には気にしなかったことを指摘したり
逆に気になったことをスルーしたり。

たとえば、洗濯機の大きさを。
こっちはキッチンにビルトイン、というタイプが多いので何処も同じだろう、と
気にかけもしませんでした。
そしてリビングから見える和風の中庭。
私は「なにゆえ和風?」と今でもお気に入りポイントではありませんが
「あらぁ、こういうのが見えるだけで違うのよね~」とプラスな感じ。

こちらにいらしたばかりにも拘らず「3年はいなきゃならないの。もう帰りたいわ。」
なんて嘆いてらしたけど、気に入るお部屋が見つかり楽しい生活を送れることを
祈ってます。
因みに我が家を見た反応はイマイチでした・・・。
[PR]
by beau_epi | 2007-10-24 01:29 | 日常

GUNS N' ROSES

ロンドンの地下鉄構内ではバスキングといって、許可を得て音楽を演奏している人がいます。
ジャンルは様々。楽器も様々。

今日はギターを弾いている人がいました。
演奏していたのは『Knocking' on Heaven's Door』
音楽ってそれを聞いていた時のことを思い出しますよね。
私がこの曲を知ったのは中学3年か高校1年生のとき。
バンドを組んでいた男の子に夢中になっていたなぁ、なんて淡い恋心を思い出し
きゅーんとしてしまいました。(笑)

この曲はガンズのものかと思っていましたがボブ・ディランのカバーらしいですね。
で、ガンズといえば、ものすごく衝撃を受けた曲があったことを思い出し
夕食後CDをひっぱり出してしまいました。
『Used to Love Her』
彼女のことが好きだったんだ、でも殺すしかなかったんだ、そして裏庭に埋めちゃったんだ♪
と陽気なメロディーに沿った歌詞が少女の私にはビックリで。

今聞くと、あー、屈折した愛情なのね、すごーく彼女のことが好きだったのねと
わからなくもない歌詞だけど。
なんだろう?愛情の表現、深さというか割合って人それぞれよねー・・・と
とりとめもなく思う秋の夜長かな。(笑)
[PR]
by beau_epi | 2007-10-13 07:17 | 日常

文章を作る。

英語のクラスで習った熟語を使いながら会話形式に作文をして発表するという
課題がありました。
が、他の生徒たちが作ったものは長い長い!

私はもともと口数が多くない方(たぶん)で、かつ文章は簡潔に判り易くと国語の時間に
習ったように記憶しているので、どう頑張っても彼らのような文章は思いつかない・・・。

この学校のクラス分けテストでは「ロンドンに来る友達にアドバイスの手紙を書きましょう」
というものがあったけど、ふと周りを見回してみると要点だけ書けばいいでしょ、と
10行程度の私の作文に対してスペイン人の女の子なんて画面いっぱいに書いていたし。
(PCを使ったテストで画期的でした)

さすがに10行では「もっと、長い手紙を書きましょう」と先生に言われましたけどね。

これは、もともとおしゃべりな国民性?個の性格?もしくは私の語彙力の問題かなー。
[PR]
by beau_epi | 2007-10-10 16:02 | 日常

ストライキ

この国に来て、初めてストライキは実行されうるものだと知りました・・・。
日本はストライキが計画されても、何だかんだ交渉の末、解除されていますよね。

英国航空がストを起こした日はちょうどお友達とプラハで待ち合わせをしていたにも
かかわらず欠航のため、出発が翌日になり。
つい最近はバス地下鉄がストライキのため、動いていませんでした。

そしてこの数日、ロイヤルメール(国営郵便局?)がストライキを起こしているため
郵便が届きません・・・。
運悪く、オンラインで色々買い物した後のストライキ。
ショッピングサイトから「あなたの荷物は発送しました!」のお知らせメールをもらうも
品物は届かず。
一体、私の荷物たちは何処にあるのー?いつ届くのー?
[PR]
by beau_epi | 2007-10-09 21:38 | 日常

ESOL

先週からWestminster(「区」みたいなもの?) が開催している近所の
English for speakers of other languages (ESOL) のコースに通っています。

朝9時半から12時半の一日3時間で月から木曜日まで週4日。
クラスの人数は12,3人と多めだけど、格安だったし。
そう、安かった分期待していなかったけど、先生も熱心な方。
そして当たり前なんだけど(笑)「ステキな英語を話すなぁ」とウットリです。
ちょっと若い菅原文太みたいな外見が惜しいなぁ。
学校そのものも大切だけど先生の方がクラスの良し悪しを左右すると思います。

もしかしたらプライベートレッスンの方が上達するかもしれないけど
他の国の生徒と交流出来るのも、こういうクラスの楽しみかもしれません。
以前、「日本といえば日野(自動車)だよね」というマニアックなことを言われたことも。
彼にとってはホンダやトヨタより知名度があるんだ・・・。

10週間のコースなので最後までは参加出来なさそうですが、早起きして頑張ります。

これからの季節、寒そうな建物だなぁ。
a0085613_1363035.jpg

[PR]
by beau_epi | 2007-10-02 01:42 | 日常

nashi pear

わりとお天気の良い日曜日でしたが、ずっと家で過ごしちゃいました。
ロンドンも広くって、有名だけど行ったことのない場所も多々。
それなのに、こんなにノンビリしちゃっていいのかしら。
「行っておけば良かったー!」と帰国してから後悔しそうだな。(笑)

先日、スーパー・Waitrose の果物売り場で梨を発見。
その名も「nashi pear」でした。
a0085613_6371810.jpg

秋の味覚&日本を恋しく思い(コレを買った時は帰国が決まっていなかったのです)
買ってみました。
が、まぁ、好んで買うものではないかな、私的に・・・。
[PR]
by beau_epi | 2007-10-01 06:40 | 日常

Man U vs Chelsea

日曜日は私とダンナのサッカー対決。
地上波では見られないのでスカイスポーツをいれている近所のパブに観戦に行きました。
a0085613_0101125.jpg

画面右下にビールのグラスマークがついているの、わかりますか?
これはスカイスポーツとそのパブが正式に契約している証。
一般家庭よりパブでの契約の方が高いそうで、テレビ局の職員が巡回して
オーナーが自宅で契約してパブで放映してしまうことを防いでいるそうです。
そのため普通のパブより、こういうパブはビールもちょっと高め。

厳密に言うと我が家の位置は微妙に道一本挟んで変わってしまうのですが
そのパブ周辺はチェルシー地区なので観戦している人々はチェルシーのサポーター。
私はコッソリ、マンチェスターU を応援してきました。
a0085613_0153530.jpg


ホームだったこともあり、2-0でマンチェスターU の勝ち。
ダンナよ、ごめんね。
[PR]
by beau_epi | 2007-09-29 00:19 | 日常

それから。

帰国話が本格化した翌日、何をしたかというと・・・以前から予約してた、まつげパーマ。
自宅に来てくれるので、めちゃくちゃラクチン。
やって下さる方はすごーく可愛らしくて、カールも上手で持つし。
出張費込みで£19というも値段もリーズナブルで気に入ってました。
最近紹介されたばかり、というのが残念だわ。

前回はどうせやるならクルンとしてた方が・・・とバービーカールというのを
お願いしましたが、これ、あまり評判が良くなくて。
やっぱ、この猛烈なクルン♪としたまつげは若い子向けなのかも。
なので、今回はナチュラルカールに。
結果、自然だけどまつげはシッカリ上がっているので目元もしっかりして満足です。

日焼けと毛穴の露呈はコワいけど、スッピンで徒歩圏のスーパーくらいは行ける
勇気が沸き、まつげの威力を感じます。(笑)
[PR]
by beau_epi | 2007-09-22 19:14 | 日常

本帰国が決まりました。

オオカミ少年(いや、おじさんか)並に春と秋の異動シーズンになるたびに
「今回、おれ異動かも・・・」と私を慌てさせていたダンナ。
ついに日本への帰国となりました。
毎回、そんなやりとりがあったので私は不思議と動じることなく。
まぁ、ダンナは3年半、私は3年いたから職種的には帰国も驚くことではないし。
ダンナからの電話を切ってからすぐ“Yahoo不動産”を開いた私であります。
実際に日本へ戻るのは10月末~11月上旬になりそうです。

もちろん、慣れ親しんだお友達、街と離れるのは寂しいですよ。
その類のお話はもっとセンチメンタルな気分の時につらつら書き連ねるとして・・・(笑)
とり急ぎ、みなさんにご報告です。
[PR]
by beau_epi | 2007-09-20 19:48 | 日常