CLASSY.

今月の雑誌は久しぶりにCLASSY.を買いました。
何故って、タイツの付録がついているから♪
例えタイツといえども物価の高いイギリスでは頻繁に使うものだし嬉しい付録です。

色はネイビー、カーキ、グレー、ブラウン、ブラックのどれかなのですが
私は普通にブラックでした・・・。
カラータイツが流行しているのだから、持ってないカーキとかが欲しかったなぁ。
因みにグレーは何にでも馴染むので毎年愛用してます。

日本に戻ったらちょっと派出めのタイツを買おうと企んでいる私。
こっちでも日本のメーカー・TABIOで豊富にカラータイツを売っているのですが
パッケージの裏の日本円表示を見てブルーになりました・・・。

あとユニクロでバギーデニムも見たいなぁ。
[PR]
# by beau_epi | 2007-11-02 01:45 | 日常

ハロウィンの風景

近所の住宅街を歩いていると・・・。

あら可愛い♪ハロウィンだものねー。
a0085613_0475439.jpg



玄関に目を移してみると・・・えっ?
a0085613_0491836.jpg

ドアが骸骨で縁取られている!

柵には生首?本格的過ぎてコワいかも・・・。
a0085613_0502944.jpg




やっぱりこんなウィンドウの方が癒されちゃうな。
このクリスマスの雰囲気たっぷりな中、シロクマたちは可愛く動いてましたよ。
a0085613_0523646.jpg

[PR]
# by beau_epi | 2007-11-01 00:54 | 日常

ティーセット

帰国にむけて買ったものは、やっぱりティーセット。
散々迷ったあげく、BurleighBurgess Chintz というシリーズに。
a0085613_1552017.jpg

(HPより)

このメーカーはこちらに来てから知ったのですが、素朴な可愛さが何とも言えない・・・。
そして同世代のお友達がBurleigh を揃えていることが多かったのでスッカリ
影響されてしまいました。

Wedgwood のJasper Conran シリーズも考えましたが、ティーカップ&ソーサーで
Burleigh の2個半分なので諦めました。
セール時期に買っておけば良かったと後悔しました、はい。
まぁ後々本当に必要だったら40代、50代でも遅くない雰囲気ですしね。
・・・と自分で自分を納得させて。(泣)
a0085613_15175280.jpg

(HPより)

因みにスケッチで使われているRoyal Albert の物もフェミニンで良かったのですが
限がないな・・・。
[PR]
# by beau_epi | 2007-10-31 15:29 | お買い物

Krispy Kreme Doughnuts

日本で行列がすごいという、このドーナツ。
店舗も限られているし、食べられる時に食べておこう、と思い出したかのように
買ってみました。
私はスーパー・TESCO か Victoria 駅構内で買うことが多いかな。
ハロッズ内の店舗以外では行列はゼロかと。

このドーナツは来た当初、日系不動産屋さんの女性に教えてもらいました。
以来ミスドのハニーディップ(という名前だったはず・・・)を思い出させる素朴な味で
すっかり虜に。
ただ、こっちではオリジナル・グレーズドが95P(約240円)と若干高め。
カロリーのこともあるし、最近はご無沙汰していましたけど
ブラックコーヒーと甘いドーナツ、やっぱり好きな組み合わせです。
a0085613_2341070.jpg


オリジナル・グレーズドともっと重めの生地のスパイシー・ナントカ(思い出せない)。
もちろん、コレもすごく甘かったけど美味しかったです。
[PR]
# by beau_epi | 2007-10-30 02:34 | スイーツ

冬時間開始

今日から冬時間が始まりました。
日本との時差は9時間。
暗い、長い冬の始まりと言われますが、私はなかなか好きなんですね。
特に今のフラットは私的に居心地がいいので寒い日にヌクヌクとコーヒーを飲んでいると
幸せを感じます。
あまりにお天気がいいと「出かけなきゃ、もったいない?」と気が急くような
妙な気持ちですが、シトシトと雨なんか降っている時は家にいるしかないような気がして
逆に落ち着きます。

まぁ、帰国後は雨にもまけず、風にもまけず仕事に行くことになりそうなので
今は余暇を楽しむことに・・・。

最近、気温が下がったので居間だけはセントラルヒーティングを入れるときも。
居間を出てトイレに行ったりするとき、ひんやりした空気を感じ更に冬が来るんだなぁと
実感します。
[PR]
# by beau_epi | 2007-10-28 23:33 | 日常

Henley - on - Thames

お友達夫婦を訪ねて最後のヘンリーへの旅行でした。
今回はまだ家を改築中、ということでしたがお茶に招待してもらいました。

お友達の家は庭がカントリーサイドに面しているのですごい開放感。
ご主人は、このお庭のベンチに座って夕焼けを見るとストレスが吹っ飛ぶと
言っていましたが、なるほど、わかります。
このお庭の先は何方かの広大な農園だそう。
ゴルフボールを皆でバコバコ打ち込んでいたけどいいのかな・・・。
a0085613_6515510.jpg


アンティーク好きな彼女らしいステキな小物たちでシャンパンをサーブしてくれました。
a0085613_6543571.jpg

ヨーロッパのガーデンパーティーという感じで憧れちゃいます・・・。
私なんかは手が出ませんが、やっぱり一軒屋は広くていいですね。

そしてテムズ河を挟んだヘンリーの街並み。
紅葉も始まっていたので、とっても趣があって綺麗でした。
a0085613_715457.jpg

a0085613_72556.jpg

[PR]
# by beau_epi | 2007-10-26 07:05 | 旅行

カボチャのスープ

ブログの神様が降りてきたようで、ドカドカ更新しています。
のってるときに書かなきゃー。

ハロウィンが近づき、スーパーでもあのオレンジのカボチャが並んでいます。
昨年までは飾り物の域を超えないであろうと近づきもしなかったのですが
今年は何となく手に取ったら「スープやローストで・・・」とおススメレシピのシールが
張ってあるではないですか。
とはいえ、あまり美味しそうに見えなかったので小さいカボチャをお買い上げ。

どんっ。
a0085613_18474242.jpg


そして、はまっているスープを“ニンジンのポタージュ”の要領で作ってみました。
お友達に教えてもらった Waitrose オリジナルの chive&onion twist を
クルトン代わりに添えて。
a0085613_1849284.jpg


しかし、これ、ダンナの反応はイマイチでした。
「お菓子の味がする」って。
カボチャと玉ネギの甘みなんだけど。

さて、残り半分のこの水っぽいカボチャ、何に使おうかな・・・。
[PR]
# by beau_epi | 2007-10-24 18:55 | 家ごはん

Rio Ferdinand

KievとマンチェスターUのチャンピオンズリーグの試合がテレビ中継されていました。
つい最近までラグビー・ワールドカップで私もラグビーの試合をいくつか見ていたのですが
それに比べてサッカーはシンプル。
ラグビーのルール、難しくって未だによくわかりません・・・。

さて、最近私の好きなリオくんの調子がいいんです。
イングランド代表の試合でも土曜のプレミアリーグでも今日のチャンピオンズリーグでも
ゴールを決めていました。
何がスゴイって彼のポジションはディフェンスですから。

ただ、彼の評判はイギリス人からは微妙。いや、最上級だから最悪か。
ダンナの同僚は彼がテレビに映るたびに“biggest idiot”と言うそうで
先日彼が得点を決めたときはお友達のダンナさんから
agliest English player” がゴールを決めたよ!とテキスト(携帯メール)を
わざわざもらいました。

本屋で彼の自伝を立ち読みしたのですが確かにお育ちはそうよろしくないようで。(苦笑)
でもまぁ、プレミアリーグの選手なんてワルが多いそうなので皆そんなものでしょう・・・。

a0085613_642694.jpg

先日のLondon Fashion Week のショーではモデルをつとめてました。
スタイルがいいので、なかなか決まってる!と思うのは私だけ?
[PR]
# by beau_epi | 2007-10-24 06:46 | 趣味

恋人たち

バスに乗ってボヤー・・・といつも通り窓の外をみていたときのこと。

とある20歳半ばと思われるカップルがハグ&キスを繰り返していた訳です。
そんな景色は日常茶飯事で慣れっこなのですが、そのカップルからは何故か目が離せず。
バスが信号待ちで動かなかったのをいいことに、じーっと見入ってしまいました。
窓ガラス、私の鼻のアタマの脂がついてたんじゃないかな。(すいません)

なんだろう?
美男美女という訳じゃなかったんだけど、映画のワンシーンのようにステキでした。
彼女のニット帽、彼のマルチカラーのボーダーのマフラー、カジュアルな雰囲気と
二人には日常的であろうハグ&キスが厭味なく赤レンガの建物の背景にマッチしてて。
うーん・・・、こなれてた。
何も意識しない習慣的なことだから不自然じゃなかったんだろうなー。
そういう習慣のない日本人とかだったら浮くような気がするもの。

まぁ、だからどうという訳ではないのですが(笑)、思わずその“こなれ感”に
感心してしまったのでした。
[PR]
# by beau_epi | 2007-10-24 02:44 | 日常

フラット見学

17日(土)の飛行機を予約しました。
(ダンナの後任くんのビザはまだ取れていないらしいけど)
引越しは15日になりそうです。

早速、馴染みの日系不動産屋さんがお客さんを連れてフラットの見学にやってきました。
「明日、行ってもいいでしょうか」という連絡をもらってからが大変!

普段、お友達が来る分には一部屋に散らかったゴゾウモツを移動させ、「開かずの間」を
作ればいいけど(笑)、見学となったら全部屋見るのよね?クローゼットの中も?
という訳で午前中は片付けに明け暮れることに・・・。

見学にいらした方はもちろん日本人の奥様。
私より10歳は上かなぁ。
すると、やっぱり視点が違うんですね。
私が部屋探しをしていた時には気にしなかったことを指摘したり
逆に気になったことをスルーしたり。

たとえば、洗濯機の大きさを。
こっちはキッチンにビルトイン、というタイプが多いので何処も同じだろう、と
気にかけもしませんでした。
そしてリビングから見える和風の中庭。
私は「なにゆえ和風?」と今でもお気に入りポイントではありませんが
「あらぁ、こういうのが見えるだけで違うのよね~」とプラスな感じ。

こちらにいらしたばかりにも拘らず「3年はいなきゃならないの。もう帰りたいわ。」
なんて嘆いてらしたけど、気に入るお部屋が見つかり楽しい生活を送れることを
祈ってます。
因みに我が家を見た反応はイマイチでした・・・。
[PR]
# by beau_epi | 2007-10-24 01:29 | 日常